AGAの症状を治療するには専門医に診てもらうことが一番

薄毛は早期治療が効果的

鏡を見る男性

男性と女性で違う治療薬

薄毛治療で注意が必要なのは男性と女性では治療法が異なるという点です。そもそも薄毛になる原因が男女では違うからです。男性に効果のある服用薬でも、女性が飲むと危険な場合があるのです。手軽に始めやすい薄毛治療として、内服薬と外用薬があります。内服薬を飲むと薬の成分が血液を通して頭皮の毛根を刺激します。長期的に脱毛の進行を食い止めたり、予防する目的で服用します。病院で処方されますが、女性には使用できない薬もあるので医師の指示に従うことが大事です。外用薬は薄毛の部分に塗るのですが、内服薬と一緒に使うことで効果が上がります。最近の薄毛治療では育毛メソセラピーという方法が注目されています。注射器によって直接有効成分を注入する方法です。効果が高くて副作用が少ないので利用する人が増えています。

母方の祖父から遺伝する

薄毛治療で大事なことは早期治療です。早ければそれだけ効果も出やすくなります。薄毛治療を始めてから効果を実感できるまで半年ぐらいかかりますが、まだ産毛が生えている状態で治療を始めれば効果が出るのも早くなります。薄毛は遺伝しますが特に母方の父親、本人から見て母方の祖父ですがその人の遺伝を受け継ぎやすいのです。そのような場合はなるべく早めに対策をすることです。例えばほとんどの人が髪を洗う時にシャンプーを使いますが、育毛シャンプーを使うなどの工夫が必要です。ただし洗浄力が強いシャンプーは刺激する成分が含まれているので、洗浄力が弱いシャンプーを選ぶようにします。アミノ酸系や、薄毛治療専門クリニックで使っている成長因子の入っているシャンプーを使います。